第47回 ダイナマイト刑事[PS2]

 放送日時 :2012/11/03
 プレイ機種:プレイステーション3(PS2アーカイブス)
       800円で購入
 試行時間 :2時間程度
 難易度  :★★☆☆☆ 潜水艦を沈めてクレジットを貯めよう!!
 結果   :クリア

概要

「俺の武器を知ってるか~い」のCMでおなじみダイナマイト刑事が第47回攻略対象に選ばれた。
原作AC版からの移植セガサターン版、後にPS2にリメイク移植された本作がPS2アーカイブスで再登場ということで、近所のコンビニでプリペイドカードを買ってくればダウンロードできるのである。便利な世の中になったものよのう。

ちなみにPS2版はきれいなグラフィックのリメイク版も原作セガサターン版も両方遊べる。セガサターン版は「絶対やるべき」である。

ストーリー

ストーリーはSEGA AGESの公式サイトから抜粋

テロリストに占拠された高層ビルを舞台に、大統領の娘を救うために2人の刑事が殴り込み! 「モップ」「柱時計」「コショウ」…何でも武器に立ち向かう、彼らは現代の“最終兵器”だ!!
出典:公式サイト

ゲームシステム・デザイン

公称ジャンル、刑事アクション。
ベルトスクロールアクションを2D空間から3D空間に拡張したようなシステムで、基本的には迫りくる敵を手近な武器(拳銃やロケットランチャーに始まり、謳い文句どおりモップ、柱時計からコショウまで手に取れるものは何でも)でなぎ倒していく。

ステージ間に挿入されるデモでは「パンチ!」や「キック!」といった操作が指示され、一定時間内に正しいボタンを押すとかっこいい感じで敵を倒すことができ、ステージを飛ばしたり有利な状態ではじめられる。
失敗するとこけたり攻撃をよけられたりした後、不要な戦闘をこなさなければならない。

最終的にわるそうなおじいちゃんを殴り倒せば大統領の娘、救出完了である。

感想

◎(サターン版の)大統領の娘

是非セガサターン版をやっていただきたい。
これ以上のヒロインを私は知らない。

○ ミニゲームによる救済

本編とは関係ない潜水艦ゲーム(名前失念)で、本編で使えるクレジット数が増える。
難易度的には結構難しいゲームでもあるので、ゲームオーバーなどを気にせず最後まで見たい場合、潜水艦の乗員には申し訳ないがバリバリ撃沈いただいて本編を楽しむことができる。

○ セガサターンモードが遊べる

単に性能のよいPS2に移植して画面がきれいになりました! というだけでなく、ちゃんと原作モードができるところがセガさんの心意気である。
画面の見え方以外で難易度などが変わることはなさそうなので、すきなほうでやろう!

△ ちょっと短い

通しでやると30分程度で終わってしまい、このタイプのアクションゲームにしてはちょっと短かったな~というプレイ感が残った。

放送経過

無念枠には珍しい3Dアクションゲームということもあり、開始数プレイですでに若干の気持ち悪さを抱えつつのプレイとなった。
残機という概念がなく体力ゲージが0になった瞬間にゲームオーバーな上、デフォルト設定は4クレジットでありゲームの難易度自体が結構高いこともあって序盤で終了になることが多かった。

しかし上記のとおりミニゲームでクレジットを増やすことが出来る。連続して潜水艦を沈めるとボーナスになるので、ミニゲーム1プレイで全機沈めれば10クレジットほど増えることもあり面倒な作業を何回もやるという倦怠感はない。
潜水艦を沈めてクレジットを大量獲得大作戦により15クレジットほど持った状態で開始するも終盤のおじいちゃんでクレジットが尽きゲームオーバー。
再戦を期して40クレジット持って望み、見事おじいちゃんを倒し大統領の娘のどアップを拝むことに成功したのである。

ちなみに大統領の娘デモを始めて見たのはサターンモードの時で、笑いすぎて操作が出来ずステージ3の序盤の敵にボコ殴りにされるというアクシデントも起きた。